• 樹木葬とは、どのような葬り方でしょうか?

    • 樹木葬は、墓標に変わりに、樹木を墓標とするお墓のことをいいます。
      樹木葬は「墓地、埋葬等による法律により許可をえた墓地(霊園)に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある樹木を墓標として亡くなった人を弔う方法です。

      Girls Channel情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

      一人の人が亡くなると、そのたびに樹木を1本植えるケースとシンボルとなる樹木を墓地の中央に植え、その周辺の区分を分譲して、墓地とするケースがあります。



      植える木は大木にならない木で、ハナミズキやサルスベリやウメモドキやエゾアジサイやモミジが使われることが多いですが、植樹する地域で成長できる事、生態系に悪い影響を与えないことが大切な条件になっています。墓地全体が樹木葬だけのところと、一般墓地や芝生墓地と樹木葬の墓地が併用されているところがあります。

      ペットのためにこの形式の舞生をするところは以前からあったのですが、人のためには、日本では、1999年に岩手県一関市にできたのが最初で、現在は、たくさんのこの種類の墓地があります。


      さらに、遺骨を個別に埋葬するのが樹木墓地であり、合葬するのが樹林墓地となります。


      この樹木墓地と樹林墓地は、東京の小平霊園のも2012年と2014年に都立のものが作られています。


      なお、散骨は遺骨を蒔きますが、樹木葬は、埋葬をします。



      この埋葬は許可された場所に、埋めるので、散骨の要に死体遺棄罪に問われる心配はなく、また、木を植えてゆくので里山を育てる効果もあります。なお、現在埋葬されている墓地から、この形の埋葬に埋葬替えをするには市町村長の許可が必要です。

  • 人に言いたい葬儀

    • 樹木葬とはなんですか

      樹木葬とは、一般的な墓のように墓石をたてるのではなく、かわりに樹木を墓標とする墓のことです。遺骨を個別に埋葬する樹木墓地、遺骨を合祀する樹林墓地があります。...

  • 葬儀の特徴

  • 葬儀のコツ・葬儀関係の真実

    • 散骨で場所が限定される理由

      海や山などに遺骨を撒いて自然に戻す方法が、散骨ですがどこでも好きな場所で行って良いことではありません。故人の遺志に従って、好きな場所に散骨してあげたいのは、どの遺族も同じ気持ちでしょう。...

    • 近年人気の散骨について

      少子化や核家族化、晩婚化などが著しい現代、それに伴ってお墓の在り方の考え方も様々です。代々のお墓を受け継ぐといった重い役割をなくして、散骨といった方法が人気になっています。...